濃い色のフレームを選ぶ

とにかく顔を小さく見せたい、そんな場合は色の濃いフレームのメガネを選ぶことが大切です。一般的な黒縁メガネを始めとし、濃いブラウンなど寒色系は引き締め効果があるので顔を小顔に見せてくれるのに役立ちます。しかし、ここで注意したいのはただ何も考えずに濃い色のフレームを選んでしまうと、メガネと顔のバランスが合わなくなってしまうということです。そうなってしまうとメガネだけが浮いて見えてしまうこともあるため、出来るだけ顔にフィットするサイズを選びフレームの太さにも気を使うことが大切です。黒や紺色などを試してみて合わないと感じたら、ブラウンやグレーなど寒色系の中でも徐々に明るい色を試してみて自分に合った色を選ぶと良いでしょう。

顔の形に合わせたフレームを選ぶ

出来るだけ小顔に見せるために大きめのフレームを選ぶ人も中にはいますが、これは逆効果で小顔に見せたい場合には顔の形に合わせたフレーム選びをする必要があります。丸顔タイプの人は丸みのあるフレームを選ぶと顔の丸みが強調されてしまうため、線の細いデザインや直線的なデザインを選ぶことで顔をスッキリと見せることが出来ます。元々シャープな印象を与えることが多い三角形の場合、小さくて丸みのあるフレームを選ぶことで小顔効果だけではなくソフトな印象を与えることも出来ます。面長なタイプは縦幅があるウェリントンやボストンといったフレームを選ぶことで顔の余白を埋めることが出来るため、顔を小さく見せる効果が期待出来ます。