プラスチックレンズのメリットとデメリット

視力矯正などを目的にメガネを購入する場合の大事なチェックポイントがレンズの素材です。時代の移り変わりの中で選択する人が増えているプラスチックレンズのメリットの一つに軽さが挙げられます。従来のガラス素材に比べてプラスチックは重量が軽いのが強みです。フレームを含めた総重量の違いは数g程度ですが、長時間着用した時の耳への負担は大きく変わります。視力矯正でメガネを使う人は1日を通して着用するため、重量の違いは大事なポイントです。ただし、プラスチックは熱に弱く傷が付きやすいというデメリットがあります。夏場に室温の高い部屋で保管をしていると、レンズが変形することもあるので注意が必要です。小さなゴミでもレンズが傷付いてしまうので、日常の手入れにも気を使わなくてはいけません。

ガラスレンズの利点と注意点

古くからメガネに使用されているガラス素材の強みは耐久性の高さです。プラスチックが小さなゴミでレンズが傷付いてしまうのに対して、ガラス素材はよほどのことがない限り、傷や破損が起こる心配がありません。とはいえ、高い位置から落としてしまうなど、許容範囲を超える衝撃が加われば割れてしまうので注意が必要です。メガネのレンズは視力に比例して厚みが変わる仕組みになっています。視力トラブルの原因が近視の場合、ガラス素材はプラスチックよりも薄くすることも可能です。レンズの厚さが重量に比例するメガネにおいて、この点はメリットと言えます。需要の増加に伴って様々なフレームが作られていますが、ガラス素材は枠のある物しか選べないのがデメリットです。