紫外線対策に効果のあるUVカットレンズ

ジリジリと照り付ける夏の日差し。外出時には、日焼け止めを欠かさないという人は多いでしょう。しかし、肌のケアだけでは紫外線対策は不十分です。紫外線から受ける目のダメージは大きく、白内障などの病気を引き起こす可能性もあるといわれています。サングラスをかけることも対策の1つですが、普段からメガネを使用している人は、UVカットレンズのメガネを選ぶのもオススメです。

現在ではオシャレのためのアイテムとしても使用されるようになったメガネですが、メインの役割は言うまでもなく視力を矯正することです。さらに、目を保護する役割もあると考えるといいかもしれません。くもりの日や雨の日でも紫外線は降り注いでいます。大事な目を守るために、メガネのレンズはUVカットのものを選ぶとよいでしょう。

メガネを長持ちさせたい人に嬉しい汚れ傷防止コーティング

一見単なる1枚のプラスチックのようにも見えるメガネのレンズですが、実際にはレンズ基材の上に、何層ものコート膜がほどこされています。1つのメガネを長く大切に使い続けたいという人にオススメなのが、汚れや傷に強いコーティング加工がされたレンズです。日頃から丁寧に扱えばコーティングの強度は関係ないと思うかもしれませんが、日々の生活の中でレンズはどうしても少しずつ摩耗していきます。汗や皮脂などによってレンズが汚れたり、メガネ拭きでホコリを拭き取っただけでも傷の原因になったりすることがあるからです。

傷ついたレンズをそのまま使用していると、目に余計なストレスをかけることにもなりかねません。毎日のお手入れを楽にするという意味でも、メガネのレンズは汚れや傷に強いものを選ぶとよいでしょう。